肌トラブルから肌の黒ずみへ…改善した方法とは?

わたしは幼少のころから、色白の肌のわりに肌が弱くアトピーをずっと患っていました。それもかなりの重症のアトピーでした。
肌の乾燥はもちろんのこと、かゆくなるとかいてしまう癖がいつまでたっても直らなかったので、ずっと強いステロイドの強い塗り薬を使用していました。
肌のアトピー部分は、手足の関節や、首が主にひどく、時にデリケートゾーンにまで広がり、本当に辛かったのを覚えています。
しかし、大人になり外の環境や食べ物などで自分の体質もだんだんと変わっていき、いつしかアトピーは良くなり、25歳になった今ではもう薬すら使わずに、美容液だけで乾燥を防ぐ程度で治まっています。

 

そんな最近になってやはり少し気になるところがでてきたのです。それが、肌の黒ずみです。
アトピーの症状が出ていたところがあきらかに黒くなっており、デリケートゾーンまでそのような色になってしまったのです。
まだまだ、ビキニなど水着を着て海に入ったり、これから彼だってほしい、と思っていた時期だったのに本当に悩んでしまいました。
でも自分でなんとか治したい、医者にはとりあえず頼るものか!と、とにかくいろんなことを試しました。
ビタミンをとにかくたくさんとったり、肌は周期で生まれ変わるという話も聞いたことがあったので、それに向けてとにかく体質をさらに変えてよくなろうと頑張りました。

 

しかし、わたしがそのなかでもとくに、効果があったのかな?と感じているのは美白の美容液を黒ずんだ部分に塗り続けたことです。
なんの根拠もありませんでしたが、肌を白くして、またビタミンも多く含まれている美白美容液なら、黒くなったものを白くとはいかなくても、普通の肌の色にまで戻せるかも?と思ったのです。これを2年ほど続けまして、いつのまにか黒ずんでいたデリケートゾーンが気にならなくなってきました。
また、そのほかのアトピーだった部分も黒ずみどころかアトピーだったことすらほとんど分からない、つるつるのお肌になったのです。綺麗になるのも自分次第!自分に合った解決策を見つけることが一番良い薬だと思います。

 

 

>>ピューレパール公式HP